お知らせ&ひとことブログ - 元CA講師が伝える自分磨き・接遇・面接講座 スタイリア|横浜市

元CA講師が伝える自分磨き・接遇 スタイリア 横浜市
元CA講師が伝える自分磨き・接遇 スタイリア 横浜市

お知らせ&ひとことブログ

好印象プロデュース「スタイリア」の最新情報をお知らせします。

 

「失礼ですが」 (2022年11月03日)

「失礼ですが」という言葉で営業マンがお客様と応対するCMを見ました。

この言葉を使うことで、事務的・唐突ではなく、謙虚さを表わすことができます。
クッション言葉と言われるものです。
他にもたくさんあります。

“感じが良いな~”と思える話し方をする人はこのクッション言葉を
適宜使えているのかなと思います。

特に再度の確認したい時に使うとスムーズなクッション言葉は
念のために(~を教えて頂けますか?)」

 

「もう知っているよ」と言われるかも知れないけれども
お話ししたい場合は
ご存じかとは思いますが~

 

もしよろしければ」という言葉も相手の方の意思を尊重しながら
お勧めできます。

よく使われますが

恐れ入りますが」は依頼する時
申し訳ございませんが」はお断りする時に。
やんわりと伝えられるメリットがあります。

 

冒頭のCMでも使われている「失礼ですが」は
もっと丁寧な言い方をすると「失礼かと存じますが」となります。

 

このようなクッション言葉を使わずに
ストレートに話を始めると、指示・命令ととられてしまう恐れもあります。

もちろん、表現のしかたそのものも大事。
相手の立場にたって、気持ちを伝えるために
表情や声の調子も意識しましょう。

上手な話し方で心地良いコミュニケーションを。

 


気づかない言葉癖 (2022年03月21日)

~話し方からの印象~

最近、ゴルフレッスンのテレビ番組を時々見ていますが、
インストラクターの話し方に違和感を覚えます。


タレントさんへのレッスンコメントで

「クラブをこのように振ってあげます」 とか
「ボールの位置を少し変えてあげましょう」などなど。
「あげます」って物には使いませんよね。

例えば、
「花を 植え替えてあげましょう」や
「小鳥にえさをあげます」はOK。

「あげる」は基本的に人や生き物に対して使う言葉。
「~してやる」の丁寧な内言い方で、更には
「~して差し上げる」という、より敬意のある言い方があります。

毎週気になりながらも視ていますが、関係者の方も気づかないのかなー。
ご本人は優しい言い方、もしかしたら丁寧な言い方だと思われているのかも。

お料理番組でも、「切ってあげましょう」とか
「炒めてあげます」と言われてますね。
また「切っていきます」「さっと茹でていきます」という言い方も
お決まりの様で、お料理の動作はほぼ「~していきます。」
と言われていませんか。

間違いではないけれども、
「切ります」「さっと茹でましょう」などと
言い換えができるます。

「~させていただく」の多用も自分を丁寧に見せるための使い方となっていて、
重ね使いはうっとうしく感じます。


「~させていただく」 は
本来、相手の許可や依頼を受ける場合に使います。

「納品させていただきます」
「参加させていただきます」等。

「致します」で表現できる場合が多いことを思い出しましょう。

×卒業させていただきます ⇒ 卒業致します というように。

人前で話す方は特に、言葉の使い方にも気をつけていただければ、
伝わり方も違ってくるように思いますし、
マナーの行き届いた知的な印象となるでしょう。


春、新たな出発に向けて (2022年02月22日)

この春 社会人となられる皆様、

また新しい世界にステップを踏み出される皆様

おめでとうございます!

2022年もはや3月を迎えようとしていますね。

今年に入ってからもお陰様で万全の感染対策により、集合研修や

実際のお仕事の場においてのOJTスタイルの研修に伺っております。

1件の研修では、事前準備や下調べにかなりの時間を要します。

準備8割と言われる所以ですね。

実際の研修が終わっても、自分自身と研修全体の振り返りをし、

今後の課題と進め方を計画しご提案に向け、頭の中は常に「接遇」で

いっぱいです。

そのような中ですが

この春に社会人になって新たなステップを踏み出される方や、新年度を機に

ご自身の応対や話し方、立ち居振る舞いなどを見直したいとの個人レッスンの

お問い合わせにお応えして参ります。

受講を希望される方もご予定の調整など大変かも知れませんが、

心構えし、基本を身に付けておかれることで

安心してまたは自信を持って、新たなステージに臨むことができるでしょう。

横浜までお出向き頂ければ、日によっては時間もゆっくりとれ、立ち居振る舞い

の動きも大きくできる広めの会場の予約に努めております。

横浜以外では随時ご相談させて頂いております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。


2022 新年おめでとうございます (2022年01月01日)

ますますのご発展とご多幸を心よりお祈り申し上げます

昨年も様々な企業様や個人のお客様との良いご縁をいただき、また長いご縁を繋げていただき誠にありがとうございました。

Styliaは今年も元気に進んで参ります。個人事業主ですので、できる限りスケジュールを調整し都度ご相談しながら、柔軟なご対応をさせていただきたいと思っております。

どこへ行っても笑顔あふれるやさしいコミュニケーションで心地よい世の中になる事を祈りつつ、微力ながらその一助になれればと活動を続けて参ります。

本年も良い一年になりますようお祈り申し上げます。


今改めて思うこと (2021年09月08日)

はや、9月になりました。

パラリンピックからも大きな感動や大切な心をいただきました。

医療従事者の方々や企画・運営の方々に心から感謝申し上げます。

ボランティアの皆様の頑張りや

制限下での精一杯のあたたかなコミュニケーションも

強く印象に残る大会でした。

選手の皆様にも日本を充分に味わって帰国していただけなかった事が

本当に残念です。

 

さて、9月になりあの暑さから解放され、パラリンピックも終えて

静かな秋を迎えている今、しみじみと思うことがあります。

パラリンピアンの方々は、身体の一部や機能を失った事への

大きなショック、想像を絶する悲しみや怒りさえも乗り越えられた。

そのご努力は如何ばかりかと察するに余りある事です。

それから、精神的にも肉体的にも本当の強さを身につけられて、更に技術を磨き上げて

臨まれた大舞台。

私たちは健常者として自らの心や体を充分に働かせているだろうか、

弱者のためには手助けや目配り心配りができているでしょうか。

バリアフリー化が進んできてはいますが、そのハードの部分に

人の心がついて行っていない気がします。

 

ある時、駅のコンコースで歩いていた就活中の女性と白杖の女性がぶつかった場面を

偶然見かけたのですが、就活女子は振り向きもせずに知らん顔で過ぎてしまいました。

目がご不自由な方は一旦立ち止まった後、おもむろに歩き出され、

近くのエスカレーターに乗られたので大丈夫でした。

就職面接で彼女はどのような自己アピールをされるのか、

このような光景を見てしまうと、まずは “人として” どうなのかと思えます。

 

例えば、階段横にスロープがあっても、

通りがかりの人が「お手伝いしますよ」と言って

さっと車椅子を二人で抱え上げる光景は外国では普通ですが、日本では

仕事として駅員さん等が乗降の手助けをするのが当たり前だと

思われている様な気がします。

私たちもスマホばかり見ていないで、歩いているときも

乗り物に乗る時も、その中でも

席を譲る事、手を差し伸べるために声をかけてみる勇気がもっと必要ではないでしょうか。

 

我々が与えられているものを、自分のためにもそして人のためにも

世の中のためにももっと活かせるのに、日常の中でありきたりに、困らない程度で

過ごしてしまっているような気がします。

自らを活かすために磨き続けていかねばと強く思った次第です。

ないものを求める事は頑張るけれども、

今あるものに感謝して、それを磨いて活かす!事を意識して

行動したいですね。

全ての人が、地球上の生き物が

心地よく幸せでありますように。

 

 

 

 


明るい明日のために (2021年08月11日)

1年延期、コロナ禍の中様々な制限が設けられ、紆余曲折の道のりを経て

無観客で開催された東京オリンピックが終わりました。

開催されるかどうかの不安がありながらも、日々トレーニングを怠らず

強い心で技に磨きをかけてきた選手の方々のオリンピックでの躍動は

大きな感動のうねりを起こしました。

大会関係者、医療従事者、ボランティアの方々の力にしっかり支えられての成功でした。

 

 

感謝の言葉が飛び交い、お互いをたたえ合い、

手を差し伸べたりする場面が随所に見られました。

心にグッとくる事がたくさんありました。

会場で、近くで観戦できなくても、離れていても映像で感動を共有でき

世界がつながれた貴重な経験でした。本当に “有り難い” ことです。

スポーツの力は素晴らしい! 人間の思いの力はすごいなと感じました。

 

さて私たちは、まだまだウイルス感染防止に引き続き気を抜けません。

自分のためだけではなく、周囲の人達のために、社会のために

けじめを持って過ごさねばなりません。

自分にできる事をしっかり行い、皆で力を合わせて乗り越えた先には

何か大きな成果や新たな希望がきっとあると信じています。

「One for all , All for one」

一人はみんなのために。みんなは一人のために」と言われることも多いようですが

本当は

みんなは、一つの目的 (勝利)のために」だそうです。

心を一つにして頑張りましょう!

 


3.11  10年目の追悼の日 (2021年03月11日)

東日本大震災からはや10年目となりました。

あの日のことは、今でもありありと思い出します。

 

横浜は、震度5強の揺れでした。

その日の午後は家に居て地震が来ました。

その年の7月2日まで生きていてくれた17歳近い愛犬を抱いて

あまりの揺れに庭に飛び出し、うずくまり

激しく大きく揺れる地面を見ながら

今にも裂けるのではないか、電柱が倒れてくるのでは・・と

気が気ではありませんでした。

 

それでも帰宅困難な状態や

当然地震だけでなく、津波や原発事故の

甚大な、想像を絶する被災地からすると申し訳ない微細な私事です。

 

言葉に表せないほどの悲惨さや、その後の困難、癒えることのない悲しみ。

それでもいつもと変わらない時の流れの中で

今日、10年目。

 

亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族や関係者の皆様、被災され、また故郷を離れた方々の

そして被災地のこれからがに光が満ち、穏やかで心地よくありますように。

 

 

更に、ボランティアで力を尽くされた多くの皆様に改めて感謝の気持ちを込め

14時46分に、心を合わせてお祈り致します。


一流の方の共通点 (2021年03月09日)

お仕事をしていく中で、経営者の方々との出会いから思うこと。

成功している方は、人望や経営手腕はさることながら、

礼儀正しくていらっしゃるなぁ・・と感じます。 私のような若輩者にも

優しい笑顔で、先だってお声かけいただくことが多くあります。

名刺交換もこちらから(訪問者が先に)ご挨拶申し上げるため、

初対面でのタイミングは緊張する場面です。

 

*名刺交換練習場面

 

しかしそれを察してか、マイルドな雰囲気で訪問を労い、

よろしくお願いしますと笑顔のアイコンタクト。

さすがだと感じます。

 

僭越ながらの私のアドバイスにもメモをしてお聞きくださり、

社員の皆様はもちろんのこと、株主様やお客様のために

既に完璧だと思える様でも

ご自身を更に、少しでも磨こうとなさる真摯な、謙虚なお姿には

えもいわれぬ感動を覚えることがあります。

 

感謝の気持ちも温かく、忘れがたく伝えられ、後々まで思い出します。

一流の方は、相手の上を行くお心遣いを自然体で表現される「接遇」マインドをお持ちです。

 

秘書様や周囲の方からも敬愛されていらっしゃると肌で感じます。

秘書の方のお仕事ぶりも身だしなみも笑顔もやはり上質。

 

 

経営者として堂々とあれどもスタイリッシュ。 

さりげないけれども上質なセンス。

誰にも好かれ、

背中を見てついて行きたい!と思えるトップリーダー。

 

想像できないような重圧や繁忙のなかで、エネルギッシュに

第一にお健やかにと願います。

 

 

いつも気づきをいただき、学ばせていただいております。

ありがたい気持ちでいっぱいです。


言葉の癖 (2021年02月01日)

もう2月ですね。

相変わらずの不要不急の外出はNO!ですが、

 

長いこの期間に、これまでできなかったことをやったり、

身につけられることや、様々考えてみることなど

意外に多くあるものだなと感じています。

さて、つい最近

TVショッピングを観ていて感じた、変な言葉遣い。

 

癖になっているのかもしれませんが、

謙譲言葉が過剰に使われているということ。

前から少し気にはなっていたのですが。

 

特に

「~させていただく」

という表現の多用。

あるショッピング番組で

 

①こちらのイヤリング、10000円で販売させていただいております。

②本日までとさせていただいております。

③このように美しく揺れさせていただいております。

 

①は「販売致しております。」 です。

何かの事情で、例えば

「前日までは9,000円でしたが、本日からは

10,000円とさせていただいております。申し訳ございません」

でしたら自然です。

 

②は販売側の都合でのご案内なのでOK。

③はもっての他です。 思わず笑ってしまいました。

“揺れさせていただいている” の主語は? ^^;

 

このように少し揺らしてみると・・

動きが出ると一段ときらめきが美しくて人目を引きますね。

など、

正しい敬語使いで表現もランクアップしていただきたいなと感じました。

 

謙譲表現で相手を上げる言い回しも尊敬表現となりますが、

無駄に同じ言い回しが多いと、耳障りでまどろっこしくなってしまいます。

 

テンポを上げて購買意欲を増す事も目的かもしれません。

そうなると雑に聞こえてしまいがちな点を

過剰な謙譲表現で補っているのかなー?

 

それからは、商品の事よりもこのスタッフさんの

話し方ばかりが気になるようになってしまいました。

もちろん、素晴らしい話し方で思わず買いたい衝動を覚えてしまう

スタッフの方がいらっしゃる事も確かです。

 

一般的に言葉遣いで一番気になる、また苦手意識があるのは敬語だそうです。

 

正しい敬語で、同じ言葉を多用しない。シンプルに話す。

様々な言葉に言い換えて表現する。

この期間に、正しい敬語で美しい大人の話し方を意識してみませんか?


zoomレッスン (2021年01月21日)

コロナ禍、再びの緊急事態宣言。

自宅で過ごす時間もまだまだ長くなりそうですね。

 

ニュートンは、1665年から1667年のペスト禍 (途中ペストが一段落したらしい)

で故郷に戻り、

自粛生活を送っていた1年半の間に

万有引力の法則をはじめ

運動の法則・微分積分法の開発・光と色の理論をまとめたそうです。

まさに「驚異の年」です。

 

皆様も日々、感染に気をつけながらも、

工夫やアイデアでこの長い期間を過ごしつつ

今後の方向を見定めていらっしゃるかもしれません。

 

私も、いただいたお仕事をできる限り頑張っていましたが

制限の多い中、歯がゆい思いでした。

一方、自由な時間にもわくわくしていました (*^_^*)

 

このような中でも、いくつかレッスンのお問い合わせをいただき

リアルなレッスンができるまでお待ちいただくより

オンラインでもできる事にようやく取り組ませていただく事にしました。

 

 zoomレッスン        

 【内容】 

        ・表情

  ・話し方

  ・立ち居振る舞いについて

  ・電話応対

  ・服装(お持ちのアイテムで診断・アドバイス)

  ・相談      等

 

【時間】 50分

【料金】 3,000円

(お支払いは、振り込み・PayPalでお願いします)

 

3回コース:8,000円

5回コース:13,000円

 

 

 

日程のご希望やご質問は

お問い合わせフォーム https://imageup-stylia.com/contact/

または yokoq.99@gmail.com より

ご連絡ください。

追ってお返事のメールを差し上げます。

 

日頃からのお悩みやブラッシュアップに少しでも

お役にたてれば嬉しいです。


小笹陽子への講座・セミナー・研修依頼や取材・インタビュー・講演・テレビ出演・ラジオ出演・コンサル等のお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

Site map

※サイトマップからも各メニューにリンクしています